脱毛器人気ランキング

家庭用脱毛器でVIO脱毛する際の形の決め方をご紹介。デリケートゾーンの脱毛を自分ですると決めたらその後はどんな形にするのかを決めましょう。普段は見せない部分なので後悔のないように時間をかけてゆっくりと考えてみてください。

脱毛器人気ランキング > VIO脱毛での形の決め方

家庭用脱毛器でVIO脱毛する際の形の決め方をご紹介。デリケートゾーンの脱毛を自分ですると決めたらその後はどんな形にするのかを決めましょう。普段は見せない部分なので後悔のないように時間をかけてゆっくりと考えてみてください。

VIO脱毛の形の決め方

家庭用脱毛器を使って自分でVIO脱毛をする時は事前に残す毛の形を決めてしまいましょう。Vラインの脱毛の仕方にはいろんな種類がありますので後で後悔しないように時間をかけ、ゆっくり形を決めていきましょう。まずはVラインの形からです。

Vラインの脱毛にはいろいろな形、種類の脱毛法があります。ハイジニーナにすれば迷う必要もないでしょうが、はじめての方ですぐにハイジニーナにすることはハードルが高いものと思われます。多くの方は逆三角形の形に毛が生えているかと思います。なかなか決められないようでしたらこの逆三角形の形を少し小さくする形で脱毛することをおすすめします。三角形の上辺を下げたり鼠径部のきわどい箇所を指一本分脱毛したりするといいでしょう。これだとハイレグ水着も安心してチャレンジすることもできます。

逆三角形が気に入らないという方は卵型にするのが一番無難です。逆三角形の下の部分を丸くするだけで女性らしい優しい感じで仕上げることができます。遠目で見るとハイジニーナ状態にも見えるのでその点は覚悟しておいてください。

最後にご紹介する形が長方形の形です。長方形の形にする場合、太くする方と細い縦線のように残す方がいらっしゃいます。夏に海へ行く時に着る水着に合わせるといいでしょうが、外へ向かってグラデーションするように毛を肌の境い目をぼかすようにすると自然に見えていいです。

Iライン・Oラインの形について

家庭用脱毛器でのデリケートゾーン脱毛の場合、清潔感を出すために全部脱毛するという方が意外と多くいらっしゃいます。粘膜部分には光を照射できないので粘膜との境い目ギリギリのところを少しだけ残して脱毛されるといいでしょう。粘膜部分は黒ずんでいるかと思うのであまりにも黒ずんでいる箇所にはテープを貼って照射光が当たらないように対策する必要があるでしょう。

また、Vラインの脱毛の形とのバランス、つながりを考えて脱毛するケースもあります。Vラインで毛を残しているのならそのつながりでIラインの前面のところは毛を残すという方法もあります。そこはご自身でバランスを見ながら判断されるとよろしいかと思います。

最後にOラインの脱毛の形です。まさかOラインの脱毛で毛を残そうと思う方はいないでしょう。Oラインは基本的に誰の目にも触れません。ですから残しておくメリットなどはないのです。ここに毛を残しておくということはありえないと思いますので全部脱毛ということで話を進めます。こちらも粘膜部分に近い箇所は黒ずんでいるところがないか十分に注意しましょう。もし黒ずんでいる箇所があれば先程もご紹介したように白いテープを貼って光が当たらないようにします。