脱毛器人気ランキング

脱毛にもいくつかのデメリットがあります。それらのデメリットをご紹介し、その対策や対処法などをご紹介していきます。メリットばかりの脱毛とはいかないまでも、デメリットを最小限にして脱毛効果を高めていきましょう。

脱毛器人気ランキング > 脱毛のデメリットとその対処法

脱毛にもいくつかのデメリットがあります。それらのデメリットをご紹介し、その対策や対処法などをご紹介していきます。メリットばかりの脱毛とはいかないまでも、デメリットを最小限にして脱毛効果を高めていきましょう。

脱毛のデメリットとは


メリットばかりが捉えられがちな脱毛ですが、脱毛にはデメリットも存在しています。これからいくつかのデメリットをご紹介し、その対策などもお伝えできればと思います。

●脱毛で毛が生えてこなくなる
毛が生えてこなくするために行うのが脱毛ですが、もし永久に生えてこなくなるとしたらどうしますか?例えばワキ脱毛したらワキガがキツくなり、他の悩みがでてきてしまうなどが考えられます。※実際ワキ脱毛してもワキガがキツくなるとは限りません

将来ずっとその場所から生えてこなくなってもいいと思う箇所でないと脱毛しないほうがいいでしょう。軽く考えがちなので、もう少し脱毛することについて考えてほしいと思います。

●脱毛中は日焼けできない
脱毛サロンでも家庭用脱毛器でも脱毛している最中、脱毛直後は日焼けを控えるようにという注意があります。これは脱毛が肌への負担が高く、ダメージを受けてしまうということ。どうしても日焼けする状況になってしまうという場合は冬でもUVクリームを利用するようにしましょう。

●脱毛後に脇汗が多くなる
いろいろな説があるようですが脇脱毛をすると脇汗が多くなるという方がいます。科学的根拠は示されていませんが、たしかに脇脱毛の後に脇汗が多くなるという方がいらっしゃいます。これを解決するには元に戻すしかありませんが、昔の脱毛(針脱毛)ではこのようなことは起こらなかったそうです。脱毛器の種類を変えてみるなどしてみるといいかもしれません。


●乾燥肌になる
これはあまり知られていないことですが、脱毛すると乾燥肌になりやすいということがあります。脱毛は毛穴から毛を無くすこと。毛が無くなると毛穴も閉じてしまいがちになりますから、乾燥肌になるというのは理解できます。

対策としては乾燥肌用のクリームを塗るか、脱毛をしないということになります。脱毛すると言っても細かい細い毛は残しておくと幾分かは乾燥を防ぐこともできます。

●多毛症、硬毛になりやすい
脱毛に対して自分の身体が毛を多く生やして対応するということがあります。これは脱毛に対する自然現象なのでさらに脱毛するしかありません。脱毛で毛が太く濃くなるということもありますから、このような症状が出てきた方は医師に相談されたほうがいいでしょう。素人判断は禁物です。

●火傷のリスクがある
脱毛効果を高めようと脱毛器の照射レベルを最高レベルにして脱毛される方がいらっしゃいます。効果を求めるあまり、肌へダメージを与えることになってしまいます

脱毛には時間がかかるものです。先を急がず、低レベルでも十分効果を得ることができると思って気長に脱毛していくことをお勧めします。何事も急激な変化はいい結果を生み出しませんから。